So-net無料ブログ作成
検索選択

2度目の転職活動

 公務員2年目に入り、改めて転職活動を行うためにまず情報収集から始めた。世の中にある業種や待遇、中で仕事をしている人間の実際の評判などだ。起業そのものに対しては有価証券報告書などにある、平均勤続年数や平均年齢を重視した。

 企業の採用活動において、通年で募集をかけている企業は基本的に避けた。一般に採用活動は10月と4月採用を目途に行われると聞いたので、実際の活動は7月中旬くらいから開始した。

 最初の転職活動は職歴が短い、知識が浅い、自分で決めた、といった要因により満足いく内容ではなかったと考えた。今回は職歴も1年を満たし、転職時には2年に到達する。その為前回よりはずっとスムーズに行くはずだという希望を胸に転職活動を再開する。

 まず最初の活動は自分一人で行い、上手くいかなかった場合年末頃からエージェントを通す算段でスタートした。平日は仕事をし、土日は転職活動を行う生活であった。それなりに奮闘したものの、またも良い結果には結びつかなかった。

 最もネックになったのが職歴とその勤務年数だ。

 以前も書いたが、元公務員というキャリアは極めて不遇であると言わざるを得ない。残念ながら今でも公務員に対する印象は「でもしか世代」のものが蔓延している。最近では国家Ⅰ種のキャリア組なんかが民間の大手コンサルなどに引き抜かれるケースもあると聞いたので、少しイメージに変化があるのだろうか?

 いずれにしても、このファーストキャリアには苦しまされた。

 結果的にエージェントを通して転職活動を行い、当初の路線とは若干変化があったものの準大手民間生保から内定を貰いそこへ転職することとなった。

 しかし、先の述べたとおりこの転職先は僅か3ヶ月で辞めるに至る。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。