So-net無料ブログ作成
検索選択

上司への報告

 内定が決まったので、上司に報告しなければならない。民法上は辞める2週間前までに組織に報告することとなっているが、実際に2週間前ではいくらなんでも遅すぎる。ということで、一ヶ月半前に上司に話を通した。

 当時は直属の上司を嫌っていたので(今では感謝している点も多い)、何の罪悪感も無く報告をする。そのとき意外にも親身な話をしてくれたところが印象的だった。

 とりあえず、それ程の引き止めは無かったが、改めてもう一度良く考えろとは言われた。

 さて、この時点で既に辞める気満々であったのだが、この言葉でふと我に返る。「確かに少々焦りすぎた点はあるな」、と。実際に内定を複数貰っていたが、少なくとも自分にとって良い内定先だったとは思えない。ただ、当時は目的と手段が入れ替わり、転職すること自体が目的になってしまっていたので、さっさと公務員を辞めてその内定先に行こうと考えていた。

 当時の上司の言葉は自分の保身の為だったのかもしれないが、これがきっかけになり改めて転職活動をする事になる。職歴が2年になればもう少し自分として納得できる内定を得ることが出来るのではないかと考え、結果的にもう一年公務員を続る事とした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。